preloder

テレワークとは?WHAT IS TELEWORK

ICT(情報通信技術)を活用した時間や場所にとらわれない柔軟な ”はたらきかた”

テレワークは、「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)」の3つのスタイルの総称です。
育児や介護の離職予防、場所にとらわれない優秀な人財の確保、災害時の対応など、 ”はたらきたい人” と ”はたらいてほしい人” の双方にとって、メリットがあります。

テレワークのメリット

働く人
テレワークによって復職や副業の機会が増えます。またそれぞれのライフスタイルやライフイベントに合わせた”はたらき方”を実現することができます。
企業
地域に不足している人材を確保し、地域に居ながら域外の専門性の高い人材に仕事を発注することができます。また、従業員の移動コストの削減、オフィスコストの削減が可能となります。
地域
復職、副業、プロボノ、フリーランスなど”はたらき方”の多様化に対応できる拠点を提供することで交流人口が増え地域活性につながります。ひいては、UIJターンの可能性が期待されます。

好きな場所ではたらく、好きな場所で暮らす

”はたらきかた” の選択肢のひとつとして「テレワーク」があります。
テレワークによって好きな場所ではたらき、好きな場所で暮らすことができます。

下仁田町のテレワーク

テレワークにはさまざまなメリットがあります。
特に下仁田町テレワークオフィスでは、UJIターンや二拠点居住などの可能性拡大、場所にとらわれない人材雇用による地域活性。
復職や副業、子育てや介護など個人のライフイベントに合わせた ”はたらきかた” の創出に着目しています。

二拠点居住にトライ
CASE1
クリエイティブ制作会社のWEBディレクター。都内在住、都内勤務。アウトドアが好きで将来は妻と子と田舎暮らしを検討中。下仁田町テレワークオフィスをサテライトオフィスとして利用し、まずは二拠点居住にトライする。
子育てしながら隙間時間で副業
CASE2
下仁田町で暮らす子育て中の主婦。夫の両親、夫、子ども二人の6人暮らし。日中は家族で農業をしている。下の子に手がかからなくなったので、隙間時間を利用してクラウドソーシングで仕事を始めた。副業として継続予定。
週末は自然の中で仕事
CASE3
埼玉県在住。都内勤務のプログラマー。独身。人混みが苦手で在宅で仕事をすることも多い。テレワークはすでに定番の働き方。仕事はどこででもできるが、週末は自然の中で過ごしたいので、地方都市のテレワークセンターを利用することが多い。
プロボノやワーケーション
CASE4
高崎在住。地域開発に興味があり、プロボノとしても活躍したいプログラマー。旅やイベントが好きでアウトドア好き。時間を見つけて彼女といろいろなところを訪れている。ワーケーションとしても下仁田町テレワークオフィスを利用している。

テレワークの社会的意義

テレワークは個人のはたらき方や生き方の可能性を拡大するだけでなく、さまざまな社会的な課題解決にもつながるはたらき方として期待されています。

少子高齢化への対策
女性、高齢者、障がい者の雇用促進による、はたらき手不足へのアプロ―チ。
ワークライフバランスの実現
個人の生き方にあわせた”はたらきかた”の選択が可能となり、ダイバーシティの実現を可能とする。
地域活性の促進
UIJターン、二拠点居住の拡大、サテライトオフィス利用による地方居住などの地域活性促進。
環境問題への貢献
通勤時の交通渋滞や大気汚染緩和によるCO2の削減や資源の削減による地球温暖化防止。